株式投資型クラウドファンディング

Unicorn(ユニコーン)の評判と口コミ・メリットデメリットは?

 

Unicorn(ユニコーン)のキャンペーン

 

Unicorn(ユニコーン)に投資!毎月の実績を公開!(予定)

 

Unicorn(ユニコーン)とは

Unicorn(ユニコーン)は、株式投資型クラウドファンディングです。運営会社は、株式会社ユニコーンです。

ユニコーンは、株式投資型クラウドファンディングでスタートアップ企業の資金調達を行うだけでなく、人事や税務等の様々なサポートを行っている会社です。

ユニコーンは株式投資型クラウドファンディングですので、投資をするということは、その会社の株主になるということです。

そのため、運用期間は決まっておらず、利回りが想定できるものではありません。

1株5万円から購入することができますので10万円投資をすれば、2株購入することが可能ですね。

その後は購入して得た株が値上がりすることを期待して待つということになります。

 

特徴①非上場株を購入することができる

株式といえば証券会社で買えるものとイメージされる方も多いと思います。

しかし、非上場株は証券会社でも購入することができません。

規模が小さい非上場株は安定的な資産ではないですが、今後成長することで大きな利益を得ることができる魅力的な資産。

株式投資型クラウドファンディング業者は日本ではまだ数が少なく、ユニコーンは非上場株を購入できる数少ない方法です。

ユニコーンで資金調達をしている会社は、基本的に上場を目指していますので、上場した際には大きな利益を得る事ができます。

 

特徴②スタートアップ企業をユニコーンがサポートしている

非上場株は順調に企業が成長すれば大きな利益を得ることができます。

しかし、必ず上手くいくとは限りませんよね。

投資をする際に気になるのはなんといっても「投資した企業が成長するか」ですよね。

ユニコーンは企業が成長するために、クラウドファンディングでお金を集めるだけでなく、様々な支援を行っています。

創業して間もない企業は様々な悩みを抱えています。

どんなに素晴らしいアイデアを持って企業をしたとしても、運営がうまくいかなければ利益をあげることができません。

ユニコーンは人事や事務所の移転、税務・法務など会社経営に関する様々な知見を持ち、アドバイスをすることができます。

ユニコーンがサポートをすることで、順調に成長する可能性は高くなると言えるでしょう。

 

特徴③投資銀行や証券出身のプロが運営している

ユニコーンの創業者は、日本の大手金融機関や外資系証券会社で勤務した経験のある証券のプロです。

その他の役員も、証券のプロや会社経営のプロが数多く在籍し、スタートアップ企業のアドバイスができる陣営が揃っています。

そのため経営陣は成功する企業、失敗する企業を数多く見ているため、企業の目利き能力は高いですよね。

ユニコーン側も失敗する案件は作りたくないはずなので、ユニコーンで資金調達を行っているということはプロの目から見ても見込みが高いということです。

様々なプロが見て、「成功する可能性が高い企業」絞られているのでユニコーンであれば経営の知識が無い投資家も安心して投資ができますよね。

 

Unicorn(ユニコーン)のメリットデメリット

ここからはUnicorn(ユニコーン)のメリット・デメリットを見ていきます。

メリット
デメリット
・大幅な値上がりを期待できる
・価値観があう企業を応援できる
・株主優待がもらえる
・元本割れリスク
・換金性に乏しい
・安定した収入は得られない

メリット①:大幅な値上がりを期待できる

ユニコーンでクラウドファンディングを使い資金調達をしている会社は非上場です。

非上場株は取引相場がありませんので、証券会社などで一般の投資家が購入することはできません。

しかし、上場して市場に公開されると取引が活発化します。

上場の時までにその会社やサービスのファンが増えていれば、「この会社を応援したい!」「株主優待が欲しい!」という人がたくさんいますよね。
そうなっていると株価は上場と同時に大幅に上昇していきます。

つまり、投資をしている会社が成長し、上場するまで保有していれば大幅な値上がりが期待できるということですね。

これこそが非上場株に投資をする一番のメリットです。

メリット②:価値観があう企業を応援できる

ユニコーンの案件紹介をしているページは、その企業が販売している商品・サービスの紹介だけでなく、「理念」や「目指すべき社会」が掲載されています。

投資をするうえで、「儲かるか」はもちろん重要です。

しかし、あなたの大切なお金を投じるので、「理念に共感できるか」も重要ですよね。

特に、株式投資型クラウドファンディングは長期間企業の成長を見守る必要があります。

場合によっては思わぬ逆風が吹いて、思ったように売り上げが伸びなかったり、成長が止まることもあるかもしれません。

しかし、そんな時でもこの企業を応援したいと思える企業であればじっくりと成長を見守ることができるはずです。

そして、そんな企業が見事上場を果たした時は「儲かった」以外の喜びもきっとあるはずですよね。

メリット③:メリット③株主優待がもらえる

ユニコーンで資金調達を行った会社は、最低年1回株主優待を実施することを義務付けられています。

株主優待の内容は、第一号案件はサービスの利用割引。第二号案件は、商品を使った食品となっています。

基本的に「応援したい」と思える企業のサービスの優遇を受けたり、商品がもらえるので、株主優待はとてもうれしいですよね。

しかも、自分が実際に使ってSNS等に紹介することで、インフルエンサーとして売り上げアップに貢献することもできるかもしれませんよ。

デメリット①:元本割れリスクがある

ユニコーンで資金調達をしている会社は、大きな会社ではありません。

まだ創業間もない小さな企業は、大企業に比べると当然基盤が脆弱ですよね。

経営の資源は「ヒト・モノ・カネ」と言われており、いくら優れたサービスを思いついたとしても、それを実行できるとは限りません。

製品を開発する技術者を採用できなかったり、開発するための費用がない場合もあります。

そのような事態に陥ってしまった場合には、会社が成長することができないので、投資をした時よりも株価が下がっている場合もあります。

最悪の場合には倒産してしまうこともあるでしょう。

ユニコーンで行う投資は、大幅な値上がりを期待できる一方で、大きな損失が出る可能性もあるということも理解しておいた方が良いですね。

デメリット②:換金性に乏しい

何で投資をするか検討する際に「儲かるかどうか」に注目される方が多いのではないでしょうか。

もちろん儲かるかどうかは重要です。

一方で、「いつでも換金できるかどうか」も実は重要な要素。

非上場株は上場している株式のように取引相場がありません。

つまり、いつでも好きな時に換金できるというわけではないということですね。

そのため、利用する時期が決まっている目的で貯めているお金で投資をすることは避けた方が良いでしょう。

代表的な例をあげると自宅の購入資金や子どもの教育費用。

ユニコーンで行う投資は長期間、企業の成長を見守る必要がありますので、すぐに必要となることがない余裕資金で行う必要があります。

デメリット③:安定した収入は得られない

不動産投資や高配当の株式であれば、賃料や配当で定期的に収入を得ることが出来ますよね。

安定的に収入が入るということは投資をするうえでの大きな魅力です。

しかし、ユニコーンで行う株式投資型クラウドファンディングは安定した収入を得る事はできません。

安定収入があると言うことは長期保有した時のリスクを抑えることに繋がります。

例えば、賃料収入が5%の不動産に投資をするとしましょう。

その不動産を10年持ち続ければ50%分の利益を既に得ているわけですので、不動産の価値がもし半額になってしまったとしてもトントンです。

このように収入が安定しているということは投資をするうえでの大きな強みとなります。

逆に言うと安定収入が無いと言うことは投資対象を選ぶうえで大きなデメリットと言えますね。

Unicorn(ユニコーン)のリスクへの対策方法

 

Unicorn(ユニコーン)の評判・口コミ

ここからは評判や口コミをまとめます。

 

 

ユニコーンとZUUが業務提携したことを伝えるツイートです。

ZUUは組織コンサル等を強みとする会社でユニコーンとZUUが手を結ぶことでより、さらに企業支援が強化されることになりました。

 

株式投資型クラウドファンディング会社の規模を伝えるツイートです。

投資額においてはユニコーンはFUNDIINOと大きく差が開いている状況を伝えています。

 

ユニコーンの登録でamazonギフト券をもらったというツイートです。

やっぱりこういう特典はうれしいですよね!

 

https://twitter.com/chrono_investor/status/1149079447137480705

ユニコーンの第一号案件を見てテンションが上がったというツイートです。

新興企業は「世の中を変えたい」と思っている企業が多いものです。

熱い思いが詰まったページを見るのは楽しいですよね。

 

Unicorn(ユニコーン):Q&A(よくある質問に答えます)

 

Unicorn(ユニコーン)の始め方|カンタン無料な口座開設方法

 

Unicorn(ユニコーン)の会社概要・基本情報

名称 Unicorn
運営会社 株式会社ユニコーン
住所 東京都港区元赤坂1丁目7番18号 KIZUNA EAST
設立 2015年12月28日
登録番号 第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第3110号
加入協会:日本証券業協会
加入投資者保護基金:未加入
資本金 198,500,000円
公式HP https://unicorn-cf.com/

 

まとめ:Unicorn(ユニコーン)評判口コミまとめ

非上場株式に投資ができる株式投資型クラウドファンディング「ユニコーン」についてご紹介しました。

ユニコーンを通じて将来性のある企業に投資ができるのは大きな魅力ですよね。

また、投資を通じて企業を応援することにも繋がります。

リスクは高いですが、企業が成長すれば投資した金額が10倍以上になる可能性も十分にあり得ますので、長期で投資できる資金があれば、検討してみる価値があると思います。

 

 

-株式投資型クラウドファンディング

Copyright© ソシャレンマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.