株式投資型クラウドファンディング

FUNDINNO(ファンディーノ))の評判と口コミ・メリットデメリットは?

 

FUNDINNO(ファンディーノ))のキャンペーン

 

FUNDINNO(ファンディーノ))に投資!毎月の実績を公開!(予定)

 

FUNDINNO(ファンディーノ))とは

FUNDINNO(ファンディーノ))は、株式投資型クラウドファンディングです。

2017年4月に正式リリースされました。

FUNDINNOを通じて、多くのベンチャー企業が株式投資型クラウドファンディングで資金調達に取り組んでいます。

株式投資型クラウドファンディングとは、非上場株式を発行して、それを少額ずつ、インターネットを通じて売却して資金を集めるクラウドファンディングです。

実際に株式を発行して提供するという点で、他のクラウドファンディングとは色が異なりますね。

運営会社は、株式会社日本クラウドキャピタルになります。

日本クラウドキャピタルは、2015年11月に操業された企業で、クラウドファンディング企業の中では比較的設立から年数が経過している企業です。

日本クラウドキャピタルの代表者は、代表取締役CEOの柴原祐喜氏、代表取締役COOの大浦学氏など、金融のプロフェッショナルの面々が連ねています。

金融のプロたちが集結して、満を持してリリースされたのがFUNDINNOなのです。

想定利回りは、案件によって大きく変動してきます。高いものでは、10%を超える案件もありますが、「FUNDINNOを利用すれば、必ず一定の利回りになる!」ということは断言できません。

投資期間も同様のことが言えます。数年規模の案件もあれば、数ヶ月程度の短期案件もありますね。

未上場企業への投資が可能

FUNDINNOでは、クラウドファンディングという形式をとりますが、実質「未上場企業の株に投資する」ことになります。

通常、投資家が投資できるのは、東証などの証券取引所に上場している企業株式のみです。

上場していない企業への株式投資は、直接企業と関係を持たない限りは困難です。

ただ、FUNDINNOを通じてクラウドファンディングを行うことで、通常は投資できないような企業へ株式投資をすることが可能になるのです。

FUNDINNOを経由しますが、未上場株式を「保有する」ことに変わりありません。

FUNDINNOを通して、未公開株を「購入」することになるため、投資期間終了後は株を継続して保有するか、売却して現金化するかどちらかを選択することになります。

エンジェル投資ができる

未上場企業に対して、利益を求めずに支援の意味をこめて投資することを「エンジェル投資」と呼びます。

FUNDINNOでは、応援したい、支援したい企業に対してエンジェル投資を行うことが可能です。

「世に広めたい!」「もっと多くの人に知ってもらいたい!」と思える企業を自分の資金を使って支えることができるのです。

エンジェル投資を通じて、間接的に人の役に立つことができるので、奉仕精神の強い方にも、FUNDINNOを使ったエンジェル投資はおすすめですよ。

メディア掲載実績が豊富

FUNDINNOは、クラウドファンディングサービスの中では比較的歴史が長いため、メディアの掲載実績も豊富です。

日経CNBCや産経ニュースなど大手メディアはもちろんのこと、日刊工業新聞や財経新聞などの業界新聞などコアなメディアでも取上げられています。

それだけ、FUNDINNOが注目を浴びているということが伺えますね。

一般の方の間では、まだそこまで知名度は高くないですが、今後のメディア露出で知名度が高くなっていくのも時間の問題と言えそうです。

FUNDINNO(ファンディーノ))のメリットデメリット

ここからはFUNDINNO(ファンディーノ))のメリット・デメリットを見ていきます。

ここからはFUNDINNO(ファンディーノ))のメリット・デメリットを見ていきます。

メリット
デメリット
・投資先企業のIPO、M&Aで利益が得られる
・エンジェル税制が適用されることがある
・未上場企業の株に投資ができる
・貸し倒れ(元本割れ)リスク
・1年間で1社あたり50万円が投資上限
・流動性が低い

メリット①:投資先企業のIPO、M&Aで利益が得られる

FUNDINNOで未上場の企業に株式投資を行うことで、出資先企業がIPO、M&Aを実施したときに利益を得られることがあります。

IPOとは、新規株式公開のことで、簡単に言うと、「未公開株式を上場して、株価をつけて売却する」ことです。

IPOを実施すると、企業が市場から高い評価を受ければ、株価が高くなる傾向にあります。

この時の差額を利益として得られる可能性があるのです。

M&Aとは、企業の合併・買収のことです。

FUNDINNOで投資した企業が、大手上場企業に買収されれば、保有している株が、さらに高い値をつけることがあります。

ただ、IPO、M&Aともにすべての企業で必ず実施されるものではないので、将来有望な企業を自身で選別することが重要になってきます。

メリット②:エンジェル税制が適用されることがある

FUNDINNOに掲載されているクラウドファンディングの案件の中には、「エンジェル税制」が適用される案件もあります。

エンジェル税制とは、ベンチャー企業への投資促進を目的につくられた制度で、ベンチャー企業に対して投資を実施した投資家に対して税制優遇を適用させるものになっています。

エンジェル税制の適用をうける案件に投資すると、投資金額に応じて、所得税の優遇措置を受けることが可能になります。

ただ、エンジェル税制の適用は申告制となっており、エンジェル税制が適用されている企業から確認書の交付を受けて、自身で確定申告することが必須です。

メリット③:未上場企業の株に投資ができる

これは、FUNDINNOの特徴の部分でも触れましたが、FUNDINNOでクラウドファンディングを行うことで、未上場企業への株式投資が可能になります。

証券会社を通じての株式投資だと、未上場企業への投資は困難です。

FUNDINNOを利用すれば、簡単に未上場企業への株式投資ができるので、株式投資の幅を広げていきたい投資家にもおすすめのクラウドファンディングになります。

デメリット①:貸し倒れ(元本割れ)リスクがある

FUNDINNOは、未上場の企業へ株式投資ができますが、未上場ということは裏を返せば「財務基盤が、上場基準を満たしていない」ということになります。

よって、投資先が倒産するリスクが常についてきます。

投資先が倒産すると、投資元本をすべて失うケースもあります。

FUNDINNOに掲載されている未上場企業は、事前に金融の専門家たちによって審査が実施されています。

ただ、倒産リスクは上場企業よりも高くなるので、全財産をFUNDDINOのクラウドファンディングにつぎ込むのはリスクが高いです。

FUNDINNOを使って、未上場企業へ投資するとは、必ず余裕資金で行うようにしましょう。

デメリット②:1年間で1社あたり50万円が投資上限

FUNDINNOでは、1社あたりの年間投資額の上限が50万円となっています。

50万円という金額は、まとまった資金を運用したいと考えている投資家にとっては、少々物足りない金額ではありますね。

投資額が少ない分、得られるリターンの額も少なくなってしまうので、投資で生計を立てたい人、本格的に稼ぎたい人は、FUNDINNOを使った投資金額では満足できないかもしれません。

複数の企業に、50万円ずつ分散投資することは可能なので、効率的に利益を出すには、FUNDINNOの中でポートフォリオを組み立てる必要がありますね。

デメリット③:流動性が低い

FUNDINNOで扱われている未上場企業の株式は、上場企業と異なり、取引される市場が存在しません。

よって、すぐに売却したくても買い手がいないことが多く、途中売却が困難なケースが多いです。

さらに、非上場企業の株式には「譲渡制限」が適用されています。

未上場企業の株式を譲渡する際は、株主総会の承認を受けることが必須で、売買を行いたくても投資先から認められないこともあります。

投資しても、ずっと売却できないことも十分想定されます。

お金が必要になる事態を想定して、すぐに現金化できなくてもよい額をFUNDINNOへの投資へあてるようにしてください。

FUNDINNO(ファンディーノ))のリスクへの対策方法

 

FUNDINNO(ファンディーノ))の評判・口コミ

 

クラウドファンディングを使って、新年から効率的に資金を集められている模様です。

目標金額をクリアできているとのことで、優良な案件であれば比較的資金を集めることが容易であることが分かります。

 

FUNDINNOを使って、上限金額まで出資を集めることができたユーザーも多いです。

こちらの起業家の方は、次はIPOを目指すとのことで、出資者へ還元できるよう舵をとるようです。

 

こちらのユーザーの方は、Twitter投稿時で大学生であったとのことですが、FUNDINNOの審査を通過したとツイートしています。

魅力的な案件であれば、学生という立場でもクラウドファンディングを利用できるということですね。

 

https://twitter.com/saishin_biz/status/1204201965082664961

こちらの方は、FUNDINNOで資金調達達成率210%を突破した模様です。

175名もの投資家から出資を受けることができたとのことで、個人でここまで投資家を集められるのも、FUNDINNOならではの強みと言えます。

 

FUNDINNOの利用から、わずか4時間半で目標額を達成したとのことです。

上場して資金調達をするとなったら、わずか4時間ですべての手続きを終えるのは不可能ですね。

スピーディに資金調達をできる点も、FUNDINNOを利用するメリットと言えます。

 

FUNDINNO(ファンディーノ)):Q&A(よくある質問に答えます)

 

FUNDINNO(ファンディーノ))の始め方|カンタン無料な口座開設方法

 

FUNDINNO(ファンディーノ))の会社概要・基本情報

名称 FUNDINNO
運営会社 株式会社日本クラウドキャピタル
住所 東京都品川区東五反田5丁目25番18号
設立 2015年11月26日
登録番号 第一種少額電子募集取扱業者 関東財務局長(金商)第2957号
資本金 9億円8897万9340円
公式HP https://www.cloud-capital.co.jp/

 

まとめ:FUNDINNO(ファンディーノ))評判口コミまとめ

FUNDINNOは、未上場の企業へ株式投資ができる株式投資型クラウドファンディングです。

未上場企業の中には、これから急成長していく企業が含まれる可能性もあり、原石を見つけ出して投資できる醍醐味があります。

各種メリット、デメリットがありますので、それらを熟読してもらってから、FUNDINNOでの投資を始めてみてくださいね。

 

 

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング

最初に読んでください

ソーシャルレンディングおすすめ比較ランキング(おすすめしない会社も)

 

-株式投資型クラウドファンディング

Copyright© ソシャレンマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.