不動産投資型クラウドファンディング

CREAL(クリアル)の評判と口コミ・メリットデメリットは?

 

 

CREAL(クリアル)のキャンペーン

現在キャンペーンはありません。

 

CREAL(クリアル)に投資!毎月の実績を公開!(予定)

とも
口座開設ハガキ到着!!

これで口座開設は完了です。

次のファンド募集で、CREALに投資します!

CREAL口座開設ハガキ

 

CREAL(クリアル)とは

CREAL(クリアル)は、不動産投資型クラウドファンディングです。運営会社は、株式会社ブリッジ・シー・キャピタル。

株式会社ブリッジ・シー・キャピタルはクラウドファンディング事業だけでなく、投資用マンションの開発やマンションの賃貸管理、リノベーション等、不動産に関連する様々な事業を行っています。

想定利回りは、3%以上で、期間は12ヶ月からが多くなっています。

 

特徴①様々なエリアの物件がある

CREALの特徴の一つ目は、様々なエリアの投資物件がある所。累計調達額は30億円を超えており、大規模な運営を行っています。

そのため、物件の種類も豊富で様々なエリアで投資行うことができますよ。

実は私も家から歩いて5分程度のところにCREALの募集案件を見つけました!

実際に投資をしている不動産を見ることが出来れば雰囲気もわかりますし、どれくらい賑わっているかわかるので安心して投資をすることができますよね。

是非一度、ご自宅の近所やよく遊びに行く街の物件が無いか探してみてください。

実際に投資をしようと思った案件は一度、現場を見てみるのも良いでしょう。

 

特徴②投資対象が豊富

CREALは、マンションやオフィス等に限らず、様々な投資案件を抱えています。専門学校や保育所、ホテルなどにも投資をすることができます。

投資をするうえでは将来の見通しをたてる必要がありますが、考え方は人それぞれですよね。

例えば、東京オリンピックでインバウンドが伸びると考える人は都内のホテルに投資をしたいと思うでしょう。

一方、共働き世帯が増えて待機児童が社会問題なっているため、認可保育園に投資をしたいという方もいるでしょうね。

CREALが様々な案件を抱えているのは運営会社である株式会社ブリッジ・シー・キャピタルが、多くの事業を行っているノウハウの蓄積があるからこそ、できることなんですね。

投資対象が豊富ということは、その人の考え方にあわせて投資することができる。という大きなメリットですね。

 

特徴③物件情報が明確でわかりやすい

CREALの物件情報は動画が掲載されているものもあり、とても明確でわかりやすく作られています。

ちなみにCREALの名前の由来は、「リアル」な不動産の案件情報を「クリア」にするということだそうです。

動画が掲載されている物件は、実際の物件の映像や運営者のインタビューを見る事ができます。

運営者の考え方と共感できるかどうか、これは投資をする上でとても大切なこと。

動画を見て「投資をしたい」、と思えるかどうかで投資を決める人も多いはずです。

もちろん、投資をするうえで重要となる利回りや運用期間、アクセス、その物件の特徴や周辺環境も詳細に記載されているので投資をするか否か、判断がしやすいサイトとなっています。

 

CREAL(クリアル)のメリットデメリット

ここからはCREAL(クリアル)のメリット・デメリットを見ていきます。

メリット デメリット
・安定的に高い利回りが期待できる

・セミナーで直接話を聞くこともできる

・応援したいと思える案件に投資ができる

・貸し倒れ(元本割れ)リスク

・短期間で大幅な値上がりは期待できない

・ソーシャルレンディングの中では利回りは低い

 

メリット①:メリット①安定的に高い利回りが期待できる

投資をするうえで重要なもの、それは「リターン」と、「安定」ですよね。

日本は超低金利が続いているので、安定的に高い利回りを得る事が非常に難しい時代です。

その中でもCREALが行う現物不動産投資は、比較的安定的に高利回りが期待できる数少ない投資方法です。

株やFXのように、短期間で元本自体の大きな値上がりは期待できませんが、3%以上利回りがとれるので、とても魅力的なリターンと言えますね。

定期預金の金利は0.01%程度です。

元本100万円で運用する場合、3%と0.01%では1年で29,900円の差が生じます。

10年運用を続ければ、なんと299,000円もの差。

長期間運用すればするほど高利回りの効果が大きくなるので、運用するのであれば早いほうがいいですね。

 

メリット②:セミナーで直接話を聞くこともできる

CREALでは週1回程度のペースでセミナーを行っています。

「興味はあるけど、不動産投資は始めてで怖い」という方も多いと思います。そんな時はセミナーに参加して話を聞いてみてはいかがですか。

サイトを見て、疑問点がある方は直接質問してみてもいいですね。

セミナーは銀座の本社で無料で行われていますので参加してみるのも良いでしょう。

ただし、セミナーの目的はあくまで勧誘ですので、ある程度勧誘されることは覚悟しておいてください笑

 

メリット③:応援したいと思える案件に投資ができる

さきほど説明したように、CREALの特徴のひとつは「投資対象の種類が豊富」なところです。

私はソーシャルレンディングの魅力の一つは、「応援したい人を直接応援するためにお金を貸すことができる仕組み」だと思っています。

従来型の金融サービスは「銀行に預金をして銀行が誰にお金を貸しているかはわからない」という仕組みです。

「自分の大切なお金を誰かに貸している」このことは、とっても重要なことです。

CREALは投資対象が豊富にあるので、自分が応援したいと思える案件に出会える可能性も高くなります。

自分が応援したい案件に投資をして、お金が増えたらとても嬉しい事ですよね。

 

デメリット①:貸し倒れ(元本割れ)リスクがある

CREALは不動産投資型クラウドファンディングです。

CREALで行う投資では、運用期間終了時点で投資対象の不動産を売却して、その元本をもとに投資家に分配します。
CREALは10%~20%を運営側が劣後出資をしているため、10%から20%の価格下落であれば、投資家には満額返金されます。

一般的に、1年や2年でそこまで大きく不動産価格が下落する可能性は低いものの、投資の世界に「絶対」はありません。

考えられる理由の一つは、バブル崩壊やリーマンショックのような大不況が起るケース。

このような事態に陥った場合には、不動産価格が大幅に下落する可能性があります。

もう一つは天変地異ですね。

地震や大型の台風等で、建物が大きなダメージを受けた場合にも価格が大きく下落する可能性があります。

 

デメリット②:短期間で大幅な値上がりは期待できない

投資と言えば、FXや株で短期間で大儲けを狙いたいと言う方もいますよね。

残念ながらCREALで行う不動産投資は、基本的に賃料収入を得る事を目的としていますので、短期間で大儲けを狙えるものではありません。

しかし、短期間で大儲けを狙うということはそれだけリスクも大きいもの。

プロの投資家でも、短期で利益を上げ続けることは簡単ではありません。

投資の基本は長期投資ですので、投資初心者の方は、安定的に利回りが取れる投資をオススメします。

CREALのように、短期間での値上がりの期待は薄くても、じっくり資産を育てる気持ちで投資をしたほうが結果として上手く行く可能性が高いです。

 

デメリット③:ソーシャルレンディングの中では利回りは低い

CREALの利回りは3%~5%程度です。

もちろん定期預金と比べるとすごく高い利回りですよね。

しかし、他のソーシャルレンディングや不動産投資型クラウドファンディングと比べると、そこまで高い利回りではありません。

それだけ空室になりにくく、安全性が高い投資対象に投資をしているということでもありますが、やっぱり利回りを重視したいという気持ちもわかります。

「リスクはあってももっと高い利回りで運用したい」という方は、他のソーシャルレンディング会社の運用と使い分ける方法もオススメですよ。

例えば、CREALで投資をしたいと思った共感できる案件に一部を投資して、利回り重視で他のソーシャルレンディング投資を行うというのも良いですね。

ここで高利回りが期待できるソーシャルレンディング業者を3社ご紹介します。

①LENDEX(公式HP:https://lendex.jp/)
LENDEXは民泊等にも投資をしている不動産投資型クラウドファンディングです。
利回り10%を超えるものも多くあり、高利回りが狙えます。
また、東急リバブルと業務提携し、第三者目線での査定を入れているため、査定に安心感があります。

②クラウドクレジット(公式HP:https://crowdcredit.jp/LP/a201807/?a8=adkgodm_SnEBlliROD.BB_k1.G8v.ci5OD.dAnGnCJj_SnklW7biU7ka-7IYhYbUAJFcEQkiAdkg9s00000014812001&trflg=1)
クラウドクレジットは海外案件を中心に案件を抱えるソーシャルレンディングです。
社会的な課題を解決するような企業への投資も積極的に行っているのが特徴で、利回りが10%を超える案件も多くあります。

③SBIソーシャルレンディング(https://www.sbi-sociallending.jp/lp/index02/?utm_source=af01&utm_medium=LP_TCS&utm_campaign=tcs_af_index02&Tcsack=20200114_150002865)

大手金融グループSBIグループの一員として運営を行っているソーシャルレンディング会社です。
案件も豊富で3%~10%程度の利回りが期待できます。

 

CREAL(クリアル)のリスクへの対策方法

 

 

CREAL(クリアル)の評判・口コミ

ここからは評判や口コミをまとめます。

CREALの新規案件に関するツイート。

東京オリンピックを控えた日本でのインバウンド市場に注目したツイートです。

やはり投資家もオリンピックは大注目ですね。

 

こちらもCREALの新規案件に関するツイート。

第25号ファンドは上野の社交型コンテンツホステル。

新しいタイプの投資物件ということもあり注目度も高いようです。

 

ソーシャルレンディング投資家が投資に使っている業者を紹介しているツイート。

CREALもしっかり投資対象として選ばれていますね。

 

他のソーシャルレンディング業者でなかなか投資を出来ない人のツイート。

次はCREALでの投資にチャレンジするようです。

 

https://twitter.com/oriki_ex18/status/1180132621310783488?s=20

CREALのセミナーに参加した方のツイート。

とても満足度が高かったようですね。

小口で投資ができるため、不動産投資をする人は今後も増えていきそうです。

 

CREAL(クリアル):Q&A(よくある質問に答えます)

 

 

CREAL(クリアル)の始め方|カンタン無料な口座開設方法

 

 

CREAL(クリアル)の会社概要・基本情報

名称 CREAL
運営会社 株式会社ブリッジ・シー・キャピタル
住所 東京都中央区銀座2-16-11 片帆ビル3階
設立 2011年5月11日
登録番号 不動産特定共同事業許可番号 東京都知事 第112号

第二種金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第2898号

宅地建物取引業 東京都知事(1)第100911号

資本金 100,000,000円
公式HP https://creal.jp/

 

まとめ:CREAL(クリアル)評判口コミまとめ

CREALで行う不動産投資型クラウドファンディングについてご紹介しました。

CREALは運営を行う株式会社ブリッジ・シー・キャピタルの豊富なノウハウによって様々な不動産案件を運営しています。

マンションやオフィス等に偏っておらずエリアも様々ですので、投資先を選ぶ楽しさもありますね。

情報が豊富でサイトが見やすいのもCREALの魅力の一つです。

 

不動産クラウドファンディング

 

不動産投資型クラウドファンディングおすすめ比較ランキング

不動産投資型クラウドファンディングおすすめ比較

最初に読んでください

不動産投資型クラウドファンディングおすすめ比較ランキング(おすすめしない会社も)

 

-不動産投資型クラウドファンディング

Copyright© ソシャレンマニア , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.